概要・沿革

shield病院概要

名称 山形県立新庄病院・保険医療機関
・労災保険指定医療機関
・厚生医療指定医療機関
・育成医療指定医療機関
・精神通院医療指定医療機関
・身体障害者福祉法指定医の配置されている医療機関
・生活保護法指定医療機関
・結核指定医療機関
・原子爆弾被害者一般疾病医療取扱医療機関
・感染症指定医療機関(特定・第一種・第二種)
・母体保護法指定医の配置されている医療機関
・災害拠点病院
・へき地医療拠点病院
・臨床研修指定病院
・がん診療連携拠点病院
・エイズ治療拠点病院
・特定疾患治療研究事業委託医療機関
・DPC対象病院
・小児慢性特定疾患治療研究事業委託医療機関
病院長 八戸茂美
所在地 〒996-8585
山形県新庄市金沢720番地の1
TEL:0233-22-5525 FAX:0233-23-2987
診療科 内科/消化器内科/循環器内科/呼吸器内科/血液内科/腫瘍内科/腎臓内科
糖尿病・内分泌内科/脳神経内科/緩和ケア内科/小児科/外科/乳腺外科/整形外科/形成外科
脳神経外科/皮膚科/泌尿器科/産婦人科/眼科/耳鼻咽喉科/放射線科/麻酔科/救急科
精神科・心療内科/歯科/リハビリテーション科/総合診療科(院内標榜)
病床数 325床(一般/321床・感染/4床)
敷地面積 55,582m²
建物面積 25,826m²
病院概要ダウンロード

毎年、当院の基本方針や診療状況などの概要を取りまとめております。
下記よりダウンロードできますので、ご覧下さい。

平成24年度から平成30年度分の病院概要まとめ(.zip)をダウンロードできます。

shield各学会研修施設等認定状況

日本内科学会認定医制度教育関連病院
日本整形外科学会専門医制度研修施設
日本眼科学会専門医制度研修施設
日本医学放射線学会放射線科専門医修練機関
日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設
日本呼吸器外科学会専門医制度関連施設
日本脳卒中学会専門医認定制度研修教育病院
日本泌尿器科学会泌尿器科専門医教育施設
日本麻酔科学会麻酔科認定病院
日本脳神経外科学会専門医認定制度専門医研修プログラム研修施設
日本緩和医療学会認定研修施設
日本循環器学会認定循環器専門医研修関連施設
日本外科学会外科専門医制度修練施設
日本形成外科学会認定施設
日本静脈経腸栄養学会NST稼動施設
日本消化器外科学会専門医修練施設
日本乳癌学会関連施設
日本がん治療認定医機構認定研修施設
日本食道学会全国登録認定施設
日本臨床細胞学会認定施設
日本周産期・新生児医学会周産期新生児専門医暫定研修施設
日本高血圧学会専門医認定施設
日本呼吸器学会関連施設
日本産科婦人科学会専門医制度専攻医指導施設
日本オンコプラスティックサージャリー学会 エキスパンダー実施施設
日本オンコプラスティックサージャリー学会 インプラント実施施設
日本消化器病学会認定施設
日本心血管インターベンション治療学会研修関連施設
日本救急医学会専門研修連携施設

shield沿革

昭和

前身
 
新庄町立病院(昭和20年4月23日)日本医療団新庄病院(昭和21年4月1日)
社会保険新庄病院(昭和22年5月1日)
昭和27年
4月1日
社会保険協会所属の社会保険新庄病院が県へ移管、山形県立新庄病院として発足。
診療科目 内科、外科、産婦人科  病床数27床
昭和28年
10月19日
現在地(新庄市から寄附)に新病院建設  病床数64床
12月3日
診療科目変更届(内科、外科、産婦人科、整形外科、小児科)
昭和29年
5月1日
基準看護特二類、基準給食承認、病床数93床
9月22日
病床数 一般109床、伝染32床
昭和32年
2月1日
病棟増築 病床数223床、伝染32床
8月31日
病床数 一般109床、伝染32床
昭和38年
11月1日
基準寝具承認
昭和43年
9月5日
コバルト治療室新築
昭和46年
10月15日
放射線棟新築
昭和47年
8月8日
総合病院の認可を受ける
昭和48年
8月20日
伝染病棟解体 病床数223床
昭和50年
へき地中核病院の指定
7月10日
全面改築(AB棟) 病床数 一般315床、伝染24床
昭和51年
6月7日
外来棟新築
昭和57年
3月5日
CT/Tスキャナー購入
6月1日
救急病院に指定
昭和59年
8月31日
増築棟(C棟)新築 病床数 一般460床、ICU4床、伝染24床
昭和60年
3月20日
リニアック装置・シミュレーター位置決め装置の設置
5月1日
診療放射線科新設
昭和61年
5月1日
8病棟開設
10月1日
人間ドック入院コース始まる
昭和62年
5月1日
11病棟開設
昭和63年
12月12日
集中治療室開設

平成

平成元年
8月31日
外来棟増築
10月1日
医療電算業務本稼動
平成4年
3月31日
MRI導入
平成6年
11月1日
新看護体系スタート(新看護2:1)
平成8年
6月26日
エイズ治療拠点病院の指定
平成9年
11月4日
災害拠点病院の指定
平成10年
11月1日
新庄病院憲章の制定
平成11年
3月31日
第二種感染症指定医療機関の指定
4月1日
適時適温給食スタート
5月10日
病衣導入
平成12年
3月13日
病床数変更 一般464床、感染症4床
6月1日
院外処方スタート
平成13年
3月31日
リニアック装置・シミュレーター位置決め装置の更新
12月25日
MRI更新
平成15年
4月1日
放射線部、検査部を設置
7月1日
病棟3・3体制となる
7月8日
病床数変更 一般463床、感染症2床
10月27日
医師法に基づく臨床研修病院の指定
平成16年
1月10日
50周年記念医療講演会の実施
4月1日
地域医療室開設、EMIS(広域災害、救急医療システム)への参加
12月1日
へき地医療拠点病院の指定
平成17年
4月1日
形成外科新設、診療機材部、救急部、教育研修部の設置、病歴管理室開設
10月3日
医事会計システム更新・稼動
10月11日
外来カルテ「1患者1ファイル」開始 CT更新
平成18年
2月1日
自動再来受付機稼動
3月31日
外来棟・AB棟大規模改修完了
平成19年
1月31日
地域がん診療連携拠点病院指定
3月9日
電子媒体によるレセプト請求開始
3月28日
受変電室、非常用自家発電気室新築 大規模改修完了
9月18日
がん化学療法センター運用開始
10月1日
外来処方オーダーシステム稼動開始
(財)日本医療機能評価機構 病院機能評価 Ver.5取得
認定期間2007.12.17〜2012.12.16
平成20年
8月
医師事務作業補助者(医療クラーク)制度導入
9月26日
X線透視撮影装置更新
11月1日
ホームページ刷新
11月28日
全身用血管撮影装置更新
12月8日
ガンマカメラ更新
平成21年
3月24日
シンボルマーク決定
4月1日
がん相談支援センター開設
11月19日
正面玄関庇工事完成
平成22年
3月5日
災害派遣医療チーム(DMAT)の指定
4月1日
DPC対象病院の指定を受ける
平成23年
4月1日
亜急性期病棟として6病棟を開棟 一般452床、感染2床、医学資料部を開設
9月30日
放射線情報システム(RIS)導入
11月8日
第2CT更新
平成24年
3月16日
医療画像管理システム(PACS)導入
3月19日
MRI更新
3月25日
地域医療連携システム「最上ネット」運用開始
病院機能評価訪問審査
平成25年
4月5日
(財)日本医療機能評価機構 病院機能評価Ver.6取得
認定期間 2012.12.17~2017.12.16
12月1日
総合医療情報システム稼動
平成26年
4月1日
医療情報部を設置
10月1日
6病棟を亜急性期病棟から地域包括ケア病棟に転換
平成27年
4月1日
乳腺外科を標榜
7病棟を休棟(一般388床にて運用)
4月28日
リニアック装置更新
10月4日
「第一回新庄病院健康まつり」を開催
平成28年
4月1日
事務部医事相談課を医事経営相談課へ改組し、医事と経営、地域連携を一体化
4月7日
採用サイトを創設し、SNS(Facebook・twitter)による情報発信を開始
9月11日
「第二回新庄病院健康まつり」開催
9月12日
プロモーション動画を公開
平成29年
4月1日
消化器内科を標榜
平成30年
3月7日
第1CT更新
4月1日
呼吸器内科を標榜
4月6日
(公財)日本医療機能評価機構 3rdG:Ver.1.1認定
認定期間 2017.12.17〜2022.12.16

令和

令和元年
11月1日
6病棟を休棟(一般343床にて運用)
5病棟を地域包括ケア病棟に変換
12月1日
電子カルテ更新・稼働
令和2年
4月1日
血液内科を標榜
感染管理室を設置
令和3年
3月31日
全身用血管撮影装置更新
4月1日
新病院整備課を設置
9月1日
腫瘍内科を標榜
令和4年
4月1日
生活習慣病予防・対策部を設置
令和5年
1月1日
救急科を標榜
10月1日
新病院に移転新築
腎臓内科、糖尿病・内分泌内科、緩和ケア内科、精神科・心療内科、歯科、
リハビリテーション科、総合診療科(院内標榜) 標榜
地域救命救急センター開設
callお電話でのお問合せ・ご予約
Tel.0233-22-5525

総合受付窓口 | 月~金曜日 8:30~11:30(新患予約受付 14:00~16:00)

お問合せフォーム
外来担当医表
外来担当医表