トップ > 病院ガイド - 病院情報の公表

病院情報の公表

令和元年度 山形県立新庄病院 病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

●年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 468 146 148 215 296 419 1016 1221 1355 418

山形県には、村山、最上、置賜、庄内の二次保健医療圏がありますが、当院は最上地区唯一の中核病院です。また、入院時から入退院支援が関わり、在宅復帰に向けて、介護支援専門員(ケアマネージャー)、訪問看護ステーションと連携を図り、地域完結を目指しております。本調査の対象となる令和元年度の退院患者数は5,702名です。年齢区分別にみると80歳代の患者さんが一番多くの割合を占め、次いで70歳代、60歳代となっております。平均年齢は63.1歳となっており、全体の71.3%を60歳以上の患者さんで占めております。また当院は最上地区で唯一分娩を行える医療機関でもあり、幅広い年齢の患者さんにご来院いただいております。

●診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 84 32.33 20.84 22.62 84.07
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 57 3.60 3.01 3.51 71.23
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 47 11.91 9.79 2.13 78.38
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 45 25.69 17.71 17.78 84.40
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 43 4.53 4.40 0.00 69.81

当院診療科の中で内科がもっとも多くの患者割合を占めており、その中でも誤嚥性肺炎の患者様が最も多くなっております。次いで循環器疾患である狭心症や心不全、消化器疾患である胆管結石や胆管炎が上位を占めています。内科の特徴としては、高齢の患者さんが多く、重症化(在宅復帰が難しい)しやすい為、入院期間が比較的長くなっております。当院では状態が落ち着いた患者さんには地域包括ケア病棟(5病棟)へ転棟していただき、在宅復帰に向けてリハビリを行っていくなど、いち早く元の生活に戻っていただけるよう診療を行っております。
※令和元年12月より電子カルテシステムが変更となりました。それに伴い、内科としては令和元年11月までの8カ月分の集計となっております。以降は消化器内科、循環器内科、呼吸器内科として分類され、各々科別での集計となりました。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 57 3.07 4.85 0.00 72.07
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 35 13.60 15.02 2.86 72.69
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 30 12.20 11.51 0.00 72.27
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 定義副傷病 なし 30 6.67 6.94 0.00 42.97
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 23 6.52 5.45 0.00 28.04

外科は、鼠径ヘルニアが最も多くなっています。次いで、結腸、肺の悪性腫瘍の順になっています。これらの悪性腫瘍は、国立がん研究センターによる最新がん統計で、罹患率が多い部位の上位1位と3位です。また、虫垂炎は状態を診ながらの治療となります。状態が落ち着いていれば保存的治療にて経過を診ます。その後待機的に手術をするケースもあります。炎症が高度の場合は緊急手術にて対応しております。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 112 33.56 25.94 49.11 83.11
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 100 30.79 23.56 1.00 76.15
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 25 20.00 14.10 0.00 29.72
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 16 7.19 5.54 12.50 64.81
160620xx02xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。)関節滑膜切除術等 16 8.19 7.12 0.00 62.44

整形外科では股関節・大腿近位骨折が最も件数が多く、高齢者の骨折の中で多くの割合を占めております。次いで変形性膝関節症が多く、クリニカルパス(入院患者さんの治療等をスケジュール的に表したもの)を使用し、在院日数の短縮を図り、早く日常生活へ復帰できるように取り組んでおります。

耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 76 5.04 5.01 1.32 63.66
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1 あり 34 2.00 2.03 0.00 51.74
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 32 5.34 5.45 0.00 37.72
030428xxxxxxxx 突発性難聴 31 6.42 8.93 0.00 57.26
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 30 8.50 6.80 0.00 60.13

耳鼻咽喉科では前庭機能障害(めまい、メニエール病等)が最も多く、次いで睡眠時無呼吸、扁桃周囲膿瘍、突発性難聴、慢性副鼻腔炎の順となっております。上位5疾患全てにクリニカルパス(入院患者さんの治療等をスケジュール形式に表したもの)を作成し、標準的な治療を行っております。

小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 108 6.31 6.17 0.00 0.00
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 56 4.14 6.19 0.00 1.27
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 42 3.52 6.64 0.00 4.33
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 39 2.41 5.39 0.00 5.51
030270xxxxxxxx 上気道炎 34 3.06 4.94 0.00 1.94

当院は最上地区で唯一分娩を行える医療機関のため、低出生体重症例が最も多くなっております。次いで多い疾患は、急性気管支炎、喘息、ウイルス性腸炎、上気道炎となっております。

消化器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 22 11.05 9.79 4.55 76.50
060350xx99x00x 急性膵炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 12 21.25 11.02 8.33 62.67
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 11 27.18 20.84 27.27 79.09
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 11 8.36 8.89 0.00 77.27
060335xx99x00x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 11 12.73 10.65 0.00 70.82

消化器内科では、胆管炎・膵炎が最多となっています。主に抗生剤による治療が行われていますが、結石が原因の場合は内視鏡的治療を行うこともあります。次いで誤嚥性肺炎が多くなっており、高齢の方が多いです。早期からリハビリを行うなどし、いち早く元の生活に戻っていただけるよう診療を行っております。
※令和元年12月より電子カルテシステムが変更となりました。それに伴い、消化器内科としては令和元年12月からの4カ月分の集計となっております。以前の8カ月分に関しては内科として集計されております。

産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 36 6.94 4.58 0.00 65.58
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2 なし 31 12.58 19.06 12.90 31.42
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 手術・処置等2 なし 24 5.13 3.13 0.00 40.29
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 22 6.00 4.39 0.00 65.86
120160xx99xxxx 妊娠高血圧症候群関連疾患 手術なし 20 7.90 7.39 5.00 31.90

産科と婦人科のバランスがとれており、婦人科では子宮がんや卵巣がんに対する抗がん剤治療や子宮頚部異形成に対する円錐切除などの手術など幅広く診療しています。産科では、早産、切迫早産が最も多く、転院率も高くなっております。山形県立中央病院や済生病院等の三次医療機関との連携を密にしており、ハイリスクな患者を搬送しているため、転院率が高くなっております。出産後の新生児は当院の小児科へ紹介するなど産後も各診療科で連携し診療を行っております。
上位5位の疾患全てにクリニカルパスが作成されており、標準的な医療を行っております。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 39 12.08 12.58 7.69 74.10
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 38 7.03 7.07 2.63 76.05
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 37 4.49 5.61 0.00 62.11
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし 30 3.00 2.49 0.00 71.27
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 その他の手術あり 定義副傷病 なし 14 5.14 7.38 0.00 63.14

泌尿器科では急性腎盂腎炎や尿路感染症の疾患が一番多く、基本的に抗菌薬での治療となります。次いで、膀胱腫瘍に対する内視鏡手術、腎結石・尿管結石に対する結石除去手術を受ける患者さんが多く、上位を占めております。また、前立腺の悪性腫瘍に対して前立腺針生検法を受ける患者さんも多く入院されています。これは進行度を診るのはもちろん、診断を確定させる目的もあります。クリニカルパスも多く運用されており、診療の標準化が図られ入院期間の短縮にも寄与しています。

循環器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 31 3.35 3.01 0.00 69.55
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 21 27.57 17.71 4.76 85.81
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 18 3.72 4.40 0.00 63.67
050130xx99020x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 18 30.00 24.43 11.11 80.61
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1 なし、1,3あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 16 12.63 10.80 0.00 78.69

循環器内科では下記の治療や検査を受ける患者様が多く入院しております。
・狭心症に対しての心臓カテーテル検査や心臓の動脈に対するステント留置などの血管内治療
・心不全に対しての点滴薬を使った治療や心臓の血流検査
・不整脈に対してのペースメーカーの植込みや交換
当院で急性期の治療を行った後、近隣の医療機関に転院し、在宅復帰に向けたリハビリを行うなど、住み慣れた最上地域でいち早く元の生活に戻っていただけるように近隣の医療機関との連携を図っております。上位5位の疾患全てにクリニカルパスが作成されており、標準的な医療を行っております。
※令和元年12月より電子カルテシステムが変更となりました。それに伴い、循環器内科としては令和元年12月からの4カ月分の集計となっております。以前の8カ月分に関しては内科として集計されております。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 45 28.00 20.84 2.22 78.38
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 22 22.36 18.81 50.00 71.36
160100xx97x01x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり 18 16.61 23.22 5.56 68.50
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 18 18.44 16.13 0.00 65.89
160100xx99x01x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり 12 20.50 21.73 50.00 78.42

脳神経外科では、誤嚥性肺炎が最多となっています。主に抗生剤投与による治療を行っています。次いで非外傷性頭蓋内血腫、脳梗塞が多くなっています。脳梗塞の場合、超急性期治療としてtPA投与や血栓回収術を行うことがあります。当院は、山形県最上地区唯一の中核病院として幅広い症例を脳神経外科で治療しております。

呼吸器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 10 19.70 14.62 20.00 81.00
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 20.84 - -
040040xx99041x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 あり - - 16.87 - -
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし - - 18.84 - -
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 1あり 発症前Rankin Scale 0、1又は2 - - 18.24 - -

呼吸器内科では肺の悪性腫瘍(疑いも含む)の症例が最も多くなっております。呼吸器疾患だけではなく、誤嚥性肺炎、脳梗塞の疾患へも幅広く対応しております。
※令和元年12月より電子カルテシステムが変更となりました。それに伴い、呼吸器内科としては令和元年12月からの4カ月分の集計となっております。以前の8カ月分に関しては内科として集計されております。

※患者数が10未満症例は「-」表示を行っております。

形成外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 19 3.05 8.48 0.00 69.47
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし - - 7.90 - -
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1 なし - - 4.67 - -
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1 なし - - 12.55 - -
160780xx97xx0x 手関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 定義副傷病 なし - - 4.11 - -

形成外科では、透析を行うための内シャント設置目的の入院が最も多くなっております。内シャント設置は、多くの場合、当院内科からの依頼により実施しており、各診療科連携し診療を行っております。また、皮膚の悪性腫瘍切除、手関節の骨折・脱臼手術や熱傷治療など幅広く診療を行っております。皮膚の悪性腫瘍に対する切除手術、指の骨折・脱臼に対する手術や手根管開放手術など局所麻酔や伝達麻酔を用いた手術についてはクリニカルパス(入院患者様の治療等をスケジュール形式に表したもの)が作成されており、標準的な医療を行っております。

※患者数が10未満症例は「-」表示を行っております。

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
160250xxxx0xxx 眼損傷 手術・処置等1 なし - - 4.69 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -

眼科では、強膜裂傷等の眼外傷に対する治療を行っております。また、白内障治療を2泊3日の入院で地域包括ケア病棟(5病棟)にて行っております。

※患者数が10未満症例は「-」表示を行っております。

●初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類基準(※) 版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 56 11 - 21 22 47 1 7
大腸癌 31 19 23 12 14 51 1 8,7
乳癌 19 11 - - - - 1 7
肺癌 17 10 22 33 - 58 1 8,7
肝癌 - - - - - 14 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

5大がんとは、発症症例数が多い、胃がん、大腸がん、肺がん、肝臓がん、乳がんを指します。UICC(国際対がん連合)が定めた腫瘍の病期分類があり、T(原発腫瘍の拡がり)、N(所属リンパ節転移の有無と拡がり)、M(遠隔転移の有無)を評価してがんの進行度と拡がりの程度を、表せるようにつくられたのがStage分類です。患者数は初発では胃癌が最も多く、次いで大腸癌、肺癌となっております。再発では肺癌が最も多く、次いで大腸癌、胃癌の順となり、いずれも上位3位を占めております。
 当院は、地域がん診療病院に指定されており、各学会の定めるガイドラインにより、専門医が標準的ながん治療 (手術、化学療法、放射線療法(放射線科)、緩和医療、及び各種治療法を合わせた集学的治療)を行っております。

※患者数が10未満症例は「-」表示を行っております。

●成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 12 10.17 55.42
中等症 61 16.28 78.03
重症 30 21.53 84.77
超重症 - - -
不明 - - -

【定義】

・市中肺炎とは、普段の生活を送っている中で罹患した肺炎を指します。
・集計で成人とは20歳以上の患者様を指します。
・重症度は「市中肺炎ガイドライン」により分類しており、下記の5つの項目に該当する点数で分類しております。
※5点満点で1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点集計しております。

  1. 男性70歳以上、女性75歳以上
  2. BUN(血液検査項目 尿素窒素)が21mg/dl以上または脱水あり
  3. 酸素飽和度が90%以下
  4. 意識障害(肺炎に由来するもの)あり
  5. 血圧(収縮期)が90mmHg以下

項目表中に該当点数に応じて重症度が分類されております。
軽度:0点
中等症:1~2点
重症:3点 ただし意識障害(ショック)であれば1点でも「重症」の分類とする。
超重症:4~5点

【解説】

肺炎は罹患率が高く、悪性新生物(癌)、心疾患とともに国民の死亡原因上位に位置する疾患です。高齢者では症状がはっきりしない場合もあり、早期の適正な抗菌薬が必要となります。平均年齢で見ると、「重症」以上では80歳以上と高齢になっており、成人市中肺炎は高齢になればなるほど重症になることが分かります。平均在院日数で見ても、当然ながら重症化するほど長くなっております。
※患者数が10未満症例は「‐」表示を行っております。

●脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 192 28.71 78.33 33.50
その他 14 24.64 78.00 3.88

脳血管疾患は死亡原因の上位に位置する疾患であり、脳梗塞の場合早期治療を行うことが効果的とされております。当院では脳梗塞の約9割以上の患者さんが発症してから3日以内に治療を開始しております。迅速に治療(rt-PAを含む)を開始することで、早期にリハビリ等の治療を行うことができ、その後の患者さんの日常生活動作向上へ大きくつながります。

●診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

内科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 等 62 3.40 2.16 0.00 71.55
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 32 3.09 11.72 9.38 80.28
K654 内視鏡的消化管止血術 30 1.43 18.17 10.00 75.93
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 等 24 4.46 10.79 4.17 82.75
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 等 23 1.70 8.04 0.00 72.96

内科では経皮的冠動脈ステント留置術(心臓の血管内側へステントという拡張可能な小さいメッシュ状の金属の筒を血管に留置)が最も多くなっており、これは心筋梗塞、狭心症等に対して施行している手術です。また内視鏡を使用した手術が進歩しており上位を占めております。消化器出血は近年増加傾向にあるため止血術が3位となっており、胃・十二指腸ポリープや早期胃癌に対する手術にも対応しております。

※令和元年12月より電子カルテシステムが変更となりました。それに伴い、内科としては令和元年11月までの8カ月分の集計となっております。以降は消化器内科、循環器内科、呼吸器内科として分類され、各々科別での集計となりました。

外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 等 57 0.98 1.09 0.00 72.07
K7193 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術 等 32 8.25 10.19 0.00 74.63
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 等 21 1.00 4.71 0.00 67.90
K6552 胃切除術(悪性腫瘍手術) 等 21 5.48 11.29 0.00 70.29
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 19 2.05 4.42 0.00 64.63

一番多く実施しているのは鼠径ヘルニア手術です。上位5位の中に結腸、乳腺(乳房)、胃の悪性腫瘍手術が入っております。また、腹腔鏡下胆嚢摘出術は胆嚢結石症や胆嚢炎に対する手術になります。上位疾患全てクリニカルパスが作成されており、標準的な治療を行っております。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) 等 111 1.51 29.11 0.90 76.13
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 等 108 1.64 32.66 51.85 81.51
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 等 22 1.77 32.91 36.36 81.32
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 等 20 0.75 9.35 15.00 62.10
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術 十字靱帯 等 20 1.00 18.85 0.00 28.95

整形外科で最も多い手術は、人工関節置換術(膝)等となっております。症例数は多いものの転院率が1%未満と、当院のみで治療完結することができております。症状・手術内容は、関節の動きが悪く、運動痛が強い、不安定で支持性が低い症状があるときに、骨頭側と関節窩側の両方を入れ替える手術です。次いで多い症例は、骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 等となっております。症状・手術内容は、骨折に対し、受傷部位を手術的に開き、直接整復や材料を用いて((銅線、ワイヤー、ねじ、プレート、かすがい(両端の曲がった大釘)、釘、ピン等))内固定を行う手術です。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 等 38 1.18 4.84 2.63 76.05
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 等 34 0.97 2.62 0.00 62.18
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 27 0.89 7.59 3.70 67.11
K797 膀胱内凝血除去術 - - - - -
K843 前立腺悪性腫瘍手術 - - - - -

最も多く実施しているのは膀胱癌に対する経尿道的内視鏡手術です。これは尿道より膀胱まで内視鏡を挿入して内視鏡先端に装着した電気メスで膀胱内に発生した癌を切除するものです。次に多いのは腎結石・尿管結石に対する経尿道的内視鏡手術です。尿道を通して非常に細い内視鏡を尿管内あるいは腎臓内にまで挿入し、結石をレーザーで破砕します。3番目に多いのは経尿道的尿管ステント留置術です。これは尿管内に細いチューブを通す手術で、尿管が狭くなったり、尿管に結石がはまり込んだ際に行われます。尿管に結石が嵌頓し且つ尿路感染を伴った場合などは緊急で行われるケースが増加しています。

※患者数が10未満症例は「‐」表示を行っております。

耳鼻咽喉科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 等 28 1.04 8.89 0.00 32.00
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 等 13 0.92 7.46 0.00 61.69
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 等 12 1.00 7.00 0.00 56.50
K4611 甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術(片葉のみ) 等 10 1.00 5.30 0.00 58.50
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 - - - - -

耳鼻咽喉科は、最上地区唯一の入院加療を行える医療機関となっており、口蓋扁桃手術(摘出術)が最も多くなっております。これは肥大や感染した扁桃を摘出するものです。次いで副鼻腔手術になります。内視鏡を用いての手術となり、病変の広がりに応じて行います。甲状腺切除(摘出)術については、嚢胞または腫瘍に対して行なわれる手術です。その他、幅広い耳鼻科疾患に対応し治療を行っております。

※患者数が10未満症例は「‐」表示を行っております。

産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K867 子宮頸部(腟部)切除術 25 1.00 3.08 0.00 40.44
K877 子宮全摘術 21 1.57 12.00 0.00 48.57
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 開腹によるもの 等 - - - - -
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 等 - - - - -
K861 子宮内膜掻爬術 - - - - -

産婦人科では子宮頚部異形成に対する子宮頚部の円錐切除術が最も多くなっております。2番目は子宮全摘術、3番目は開腹による子宮附属器腫瘍摘出術、4番目は腹腔鏡による子宮附属器腫瘍摘出術、5番目は子宮内膜掻爬術になっております。子宮附属器腫瘍摘出術は開腹による手術以外に、患者様の状態によって傷跡が小さい腹腔鏡による手術も行っております。上位5位の手術全てにクリニカルパスが作成されており、標準的な医療を行っております。 

※患者数が10未満症例は「‐」表示を行っております。

消化器内科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 等 10 1.00 7.50 0.00 68.10
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴うもの) - - - - -
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K681 胆嚢外瘻造設術 - - - - -

消化器内科では、早期胃がん、胃ポリープ、大腸がん、大腸ポリープに対する内視鏡的切除術を数多く行っています。大腸がんの治療については4泊5日にて行うことが可能です。 次いで総胆管結石に対する治療として行う内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴うもの)が多くなっており、胃カメラを用いて結石の除去を行います。
※令和元年12月より電子カルテシステムが変更となりました。それに伴い、消化器内科としては令和元年12月からの4カ月分の集計となっております。以前の8カ月分に関しては内科として集計されております。

※患者数が10未満症例は「‐」表示を行っております。

形成外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 等 21 1.00 1.19 0.00 69.95
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 等 - - - - -
K0463 骨折観血的手術 鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く。)、足、指(手、足)その他 等 - - - - -
K093 手根管開放手術 - - - - -
K2193 眼瞼下垂症手術 その他のもの 等 - - - - -

形成外科では、透析を行うための内シャント設置術や皮膚・皮下腫瘍(時に悪性も含む)に対しての手術が多く行われております。他には、指の骨折に対する手術、指や趾の切断に対する手術や眼瞼下垂症手術などが行われております。

※患者数が10未満症例は「‐」表示を行っております。

循環器内科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 20 3.60 2.65 5.00 67.60
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 15 1.60 11.13 6.67 78.67
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) - - - - -
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他のもの) - - - - -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -

循環器内科では急性心筋梗塞や狭心症に対して行う、経皮的冠動脈ステント留置術や経皮的冠動脈形成術が多く行われております。経皮的冠動脈ステント留置術は心臓の血管内側へステントという拡張可能な小さいメッシュ状の金属の筒を留置する手術です。経皮的冠動脈形成術は心臓の血管 の狭くなった箇所を風船 (バルーン) で広げる手術です。
 また不整脈に対して行うペースメーカーの植込みや足の血管内側へステントという拡張可能な小さいメッシュ状の金属の筒を留置したり、風船(バルーン)で広げたりする、四肢の血管拡張術・血栓除去術が多く行われております。上位5位の手術全てにクリニカルパスが作成されており、標準的な医療を行っております。 
※令和元年12月より電子カルテシステムが変更となりました。それに伴い、循環器内科としては令和元年12月からの4カ月分の集計となっております。以前の8カ月分に関しては内科として集計されております。

※患者数が10未満症例は「‐」表示を行っております。

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 等 12 1.92 10.33 8.33 74.58
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所 等 - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K1772 脳動脈瘤頸部クリッピング 2箇所以上 等 - - - - -
K178-4 経皮的脳血栓回収術 - - - - -

脳神経外科では慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術が最も多く行っています。慢性硬膜下血腫に対する治療法で、局所麻酔下に小穿頭を設け血腫の除去・洗浄を行います。次に多いのが脳動脈瘤頸部クリッピング術です。脳動脈瘤に対する治療法で、全身麻酔下に脳動脈瘤をクリップではさみ破裂を防ぎます。幅広い疾患に対し手術を行っております。

※患者数が10未満症例は「‐」表示を行っております。

呼吸器内科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K396 気管切開孔閉鎖術 - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K0461 骨折観血的手術(大腿) - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -

呼吸器内科の手術は、抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(がん治療に関するもの)、気管切開孔閉鎖術、気管切開術、骨折観血的手術(大腿)、胃瘻造設術、四肢・躯幹軟部悪性腫瘍手術、人工骨頭挿入術となっております。上記集計は呼吸器内科として計上されておりますが、他診療で手術を行ったものや、手術後呼吸器内科で受け入れたため、呼吸器内科での集計となっております。
※令和元年12月より電子カルテシステムが変更となりました。それに伴い、呼吸器内科としては令和元年12月からの4カ月分の集計となっております。以前の8カ月分に関しては内科として集計されております。

※患者数が10未満症例は「‐」表示を行っております。

小児科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K300 鼓膜切開術 - - - - -
K7151 腸重積症整復術 非観血的なもの - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - - -
- - - - - - - -

小児科の手術は、鼓膜切開術(耳鼻咽喉科的手術)、腸重積症整復術(小児科的手術)となっております。鼓膜切開術は、急性中耳炎等で鼓膜内に滲出液や膿が貯留してしまい、耳痛症状が出現した際、排膿目的に鼓膜切開を行う手術です。腸重積症整復術 非観血的なものは、腸管の一部が連続する腸管内へ陥入した状態が、腸間膜および腸管壁の血行障害を起こしてしまい、絞扼性腸閉塞(イレウス)となってしまう症状に対し、X線下高圧浣腸法にて整復を行う手術です。

※患者数が10未満症例は「‐」表示を行っております。

●その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる 11 0.19
180040 手術・処置等の合併症 同一 23 0.40
異なる - -

【定義】

医療の質改善に資すために、臨床ゼロになりえないもの、少しでも改善すべきものとして定義されています。感染症及び合併症の発生率を、集計し示したものであります。

【解説】

入院時の状態と異なり、様々な原因で免疫力が低下し、全身状態の悪化により発症することが多く、播種性血管内凝固症候群の発生率は0.25%です。処置・手術等の合併症では、約9割が入院契機と同一で0.40%の発生率であり、いずれの場合も当院では迅速な検査、治療で十分なフォロー体制をとり対応しております。

※患者数が10未満症例は「‐」表示を行っております。